UIターンをお考えの方へ

Uターンとは、地方で育ち進学などで都心に住み就職したのち、生まれ育った地元に戻り就職することです。 「両親のそばで暮らしたい」「生まれ育った街を活性化させたい」などが、主な理由です。

Iターンとは、生まれ育った地元以外で就職することです。特に首都圏で生まれ育った人が地方での暮らしに魅力を感じ、地方に移住して就職することを言い「自然豊かな環境で暮らしたい」「伸び伸びできる環境で子育てをしたい」などが主な理由です。

また、優秀な人材を採用したい地方都市の企業や地域活性化の取り組みを強化する地方自治体が増えたことで、U・Iターンを増やすための制度を充実させる企業が増加しています。さらにIT基盤が整った今は、場所に制約されずにやりたいことを実現できる可能性が広がったとも言えるでしょう。

Uターン Iターン
UターンとIターンの比較

UIターンで働く魅力

生活面のコスト

UターンとIターンの比較

大きなメリットの一つとして、生活にかかるコストが安いといった点が挙げられます。中でも、住居にかかる費用はその差が大きいと言われています。

都内23区の平均家賃と比較して、新潟などの地方都市では同じ7万円のワンルームマンションだとしても、間取りも広く、駐車場まで付いてることも珍しくありません。

そういった広く快適な住居環境だったり、その分を貯金したりといった選択肢を持つことが可能だと言えます。

自然豊かな環境

自然豊かな環境

そして、もうひとつの大きな魅力はやはり自然環境でしょう。空気や水はきれいで、自然豊かな風景・景色は心にゆとりを持たせてくれます。

通勤の便利さも大きく異なります。車通勤を認めていることも多く、また、電車通勤だとしても、都心で避けることのできない通勤ラッシュはありません。渋滞やラッシュがないことは、便利さと同時にストレスからも開放できるメリットがあります。

また、地方都市でも、少し足を延ばすことで、海や山、川などの自然に触れることも可能です。家族や友人など、大切な人との掛け替えのない時間を過ごすことができます。

人と人とのつながり

人と人とのつながり

助け合い、支え合って生きていく「人と人との繋がり」が最近見直されています。

農業や漁業産業などを体験したりと、地方自治体が体験イベントなどを企画することも多く、都会で味わえない地方の人達との交流を通じて、楽しさを感じることができます。

近隣の人たちとの温かな交流関係を築いていく機会に恵まれているのも地方の魅力です。