2017.10.10

久しぶりのブログの更新となってしまいました。実はこの夏はふたつの挑戦をしていました。ひとつはトライアスロン初参加に向けてのトレーニング。結果はスイムで途中リタイヤしてしまうという不完全燃焼のデビュー戦になってしまいました。最後方から再スタートさせてもらい、バイク、ランは完走したのですが……。それでも来年は完走したいという新たな挑戦心を強くすることができ、参加して本当によかったと思っています。

もうひとつの挑戦は初めての著作の執筆をしておりました。こちらはなんとか書ききることができ、10月5日に『継がない子、残したい親のM&A戦略』(幻冬舎)として無事発売にこぎつけることができました。本の内容は人材紹介ではなく、もうひとつ手がけている、M&A仲介についてです。これから地方都市で後継者のいない企業はどうするかについて、事業承継型のM&Aの取り組み方を解説してます。ご興味のある方はこちらからどうぞ、

https://www.amazon.co.jp/dp/4344913647

今回、手前味噌な話からはじめたのは理由があります。ふたつの挑戦を通じて「時間の使い方」を以前にも増して重要に考えるようになったからです。

 

「もっと自分らしく生きたい」という本心


最近、Iターン求職者の相談を受けることが増えているのですが、内定後の給与提示の段階で結果的に断念されるケースが少なくありません。ご本人の意思を尊重したいのでアドバイスはしますが、無理に説得するようなことはしません。とはいえ、どこかでちょっともったいないな、と思う気持ちがあるのは事実です。

Uターン希望者の場合、転職動機はさまざまでも、最終的に「生まれ育った新潟で働く」ことがなによりの後押しになりますが、Iターン転職者の多くは何かしらの縁ができたというささいなきっかけからはじまることが多いようです。(このきっかけについては次回で詳しく述べるつもりです。

よくよく聞けば、その動機のほとんどが都心部での働き方や人間関係に疑問を抱き、これからの人生設計を考えた時に「もっとゆとりのある生活をしたい」「もっと自分らしく生きたい」という本心であることが多いのです。

しかし年収がさがることを理由に、内定までこぎつけながらも、結局いままで通りの生活に戻ることを選択する。

気持ちのどこかで不本意だと思いながら、60歳、65歳まで都心で働いた後で地方転職を考えればいいかと自身を納得させる傾向にあるようです。

 

キャリア設計をより生産的にするための活動時間


そこで、あえて言いたいのです。たとえば、いまいま年収が100万円さがったとしても、そのお金を時間に換算したらどうでしょうか。いいかえれば、自分への投資時間に還元できると考えるなら、100万円以上の何かを手にいれることになる、とは考えられないでしょうか。

長寿大国の我が国において、これからは100年スパンで人生設計が求められると言われています。話題の著書、『LIFE SHIFT 100年時代の人生設計』(リンダ・クラットン著)では「ずっと同じ会社で働こうとする」「すべてを仕事に捧げる」「休日をレクリエーション(娯楽)にあてる」生き方はしてはいけないと説かれています。

休日はレクリエーションではなく、リ・クリエーションつまり、今後のキャリア設計をより生産的にするための活動時間にすべきだということです。今年の夏、私が経験したふたつの経験は私のこれからの生き方に新たな気づきをもたらしました。こじつけのようかもしれませんが、もし仮にいま年収100万円給与が下がったとしても。その代わりに手に入れた「ゆとり」で一体なにができるか。何を手に入れられるか、と考えてみてはどうでしょうか。

 

30~40代で自ら転機を切り拓くのではその後の人生に大きな差ができるのは歴然


満員電車に揺られて疲弊する通勤時間が車で移動に変わることで短縮され、そのうえ快適な時間に変わります。英会話の取得時間にあてることも可能です。

都心で分譲マンションを購入する費用があれば、新潟では一戸建ての持家購入も夢ではありません。しかも海と山に囲まれた新潟はお米だけでなく、地産地消のおいしい食材に恵まれています。都心のスーパーに並ぶ食材よりもはるかに鮮度がよくて安価です。共働き世帯にとってはそこで得られる余裕はお金に換えがたい、余りあるものがあるのではないでしょうか。

なによりも、自分を見つめ直す時間ができます。セカンドキャリア、パラレルキャリアといわれる時代に自分の引き出しを増やすなら60歳で受動的に転機をむかえるのと、30~40代で自ら転機を切り拓くのではその後の人生に大きな差ができるのは歴然ではないでしょうか。

年収100万円ダウンを理由に目の前の現実に甘んじるか。そのお金で時間を買うと考え、体力も気力もあるうちに行動するか。そんな尺度で一度、考えてみることはきっと無駄ではないはずです。

この記事のトラックバックURL

https://k-agent.biz/blog/%e3%83%aa%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e6%99%82%e9%96%93%e3%80%82%e3%80%80vol-38/trackback/

コメント

絆エージェントについて

新潟地域に特化した地域密着型、転職・就職情報紹介及び人材紹介会社です。
特定の分野に関する深い知識や経験、専門的な技術を持つ「スペシャリスト」人材の転職に強く、 新潟へのUIターンの転職希望をお持ちの優秀な人材の発掘を得意とします。

会社概要

新潟の転職について

ここ新潟にも素晴らしい事業法人がたくさんあり、都心に比べて人口が少ないことから転職者には有利です。また、新潟ならではの優良転職案件をはじめ、都心にはない魅力な転職が可能です。

求人情報はこちら