• HOME
  •  › ブログ
  •  › Uターン転職
  •  › 地方で働くことがもたらす「ゆとり」考 ワークライフバランスに惑わされていませんか?Vol.7
2015.08.17

UIターン転職希望者のご相談に耳を傾けていて、最近気になることがあります。それは「地方で働くことを選択すること=働き方にゆとりができる」と美しい誤解をされている方が案外多いと言うことです。


 

いま流行りのワークライフバランスが実現できるはずだという錯覚なのかもしれません。でも、ちょっと考えていただきたいのです。果たしてワークライフバランスとは9時から5時まで勤務してアフターファイブを充実させるとか、仕事よりも家庭や家族を優先させるとか、残業のないゆとりある勤務形態などを指す概念なのでしょうか。

 ワークライフバランスは会社への貢献が前提


 

ワークライフバランスを充実させるために「早く帰る権利」を主張するのであれば、早く帰るために短縮された時間内で以前と同様かそれ以上の成果をあげることが前提となります。つまり、一人一人が生産性を高める努力をしてはじめて得られる結果です。労働時間を減らすことで2倍のアウトプットを求められる。もしもあなたが真のワークライフバランスを実現させようと思うなら、想像して欲しいのです。あなたの働きが会社にとってどれほどの貢献をもたらしているのかを。こうした経営者の視点は一従業員であっても重要です。

 

 

キャリア人生を人生の時間軸で捉えたとき、喩えるなら「キャリアのとまり木」や「キャリアの踊り場」として、ある一定期間、ささやかな小休止を求める気持ちはわかります。特に残業が多い、休日出勤が多い、休みが取れない。こんな状態が続き、転職の動機が後ろ向きになった状態では無理もないでしょう。でもこうも考えて欲しいのです。自分の時間を充実させることで「自分を見つめ直したい」という人員を雇いたいと思うほど会社は寛容だろうか、と。

 

Uターン転職市場はワークライフバランスの宝庫?


 

転職市場を俯瞰した場合、あなたのライバルの中にはUターン転職志望者もいます。

その半数一場が地元の出身者、あるいは何かしら過去に縁を持つケースがほとんどです。転職市場という競争の場で、あなたのライバルが「故郷に帰って地元に貢献したい」という強い気持ちをアピールしている一方で「ゆとりを求めて勤務希望」という志望動機で果たして、あなたは勝てるでしょうか。

 

逆に言えば、地方転勤を決断する際、その機会をワークライフプランの見直すいいチャンスと捉え、自分の将来をはじめ、家族としっかり向き合えた人はやはり強い。中には環境が変わって通勤時間が短縮された分、英語を習い始めたり、セミナーを受講したりと、余剰時間を自己投資として有効に活用する人もいます。経営者の視点で考えても、そういう志を感じさせる人を採用したいと考えるのではないでしょうか。会社以外の時間をどう使うか。

こんな側面からもビジネスパーソンとしての真価が問われる時代になってきたように感じています。

 

中小企業での女性の活躍とは!?


 

余談ですが、ワークライフバランスと並んで最近は「女性の活躍推進」というキーワードもまた、どちらかと言えば独り歩きしている印象を受けます。女性の活用・活躍推進に関して言えば、一部の大企業を除いて、苦渋の選択を迫られている中小企業の現場の声をよく耳にする機会が上回るせいかもしれません。

 

制度が導入されても産休育休を活用する風土が会社に根付いていないケースが多く、女性の時短勤務をサポートする体制が破綻してしまう事例がまだまだ多いようです。その背景にあるのは残念ながら産休育休の制度を利用しきったところで退社してしまう女性達が少なくないことも、やはり見逃せません。

 

さらに企業側が能力を評価して昇給報告をしたにもかかわらず、配偶者控除の範疇を超える給与を受け取る準備ができていないと辞退されるケースもあるようです。活躍するにせよ、バランスをとるにせよ、要は一人一人の働きかたの思想といいますか、働く上で何を最も大切に考え、将来どうなりたいかというビジョンを共有できない会社は脆いように思います。社員一人一人が幸せでライフスタイルが充実していなければ会社に対する忠誠心も生まれません。「女性が輝く社会」というキャッチフレーズは正直、個人的にはあまり好きではありません。たとえば「中高年が輝く社会。輝け、男性社員!」そういわれて、どこか「こっぱずかしい」と感じるのは私だけではないでしょう。

 

本来、事業を通じて社会貢献することは輝かしいことです。それなのに殊更声高に強調しているのは、実は裏を返せば、輝けていない証拠なのではないか。そんなことを思います。長時間労働に疲弊し、「ゆとり」を求めた転職を希望される相談者にお会いするたびに、私は真の意味でのワークライフバランスの確立を心から願わずにいられません。

この記事のトラックバックURL

https://k-agent.biz/blog/%e5%9c%b0%e6%96%b9%e3%81%a7%e5%83%8d%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e3%82%82%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%99%e3%80%8c%e3%82%86%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%80%8d%e8%80%83%e3%80%80%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af/trackback/

コメント

絆エージェントについて

新潟地域に特化した地域密着型、転職・就職情報紹介及び人材紹介会社です。
特定の分野に関する深い知識や経験、専門的な技術を持つ「スペシャリスト」人材の転職に強く、 新潟へのUIターンの転職希望をお持ちの優秀な人材の発掘を得意とします。

会社概要

新潟の転職について

ここ新潟にも素晴らしい事業法人がたくさんあり、都心に比べて人口が少ないことから転職者には有利です。また、新潟ならではの優良転職案件をはじめ、都心にはない魅力な転職が可能です。

求人情報はこちら

SSL GMOグローバルサインのサイトシール