2018.06.22

 

転職意欲の高まりから転職求人倍率も高い水準で増加傾向


求人倍率の上昇に比例するように、転職意欲の高まりから転職求人倍率も高い水準で増加傾向にあります。

現在の転職市場で特徴的なのは、転職したいと相談に訪れる年齢が20代と40代に偏りがあることです。30代のコア人材が転職市場に顕れないのは、おそらく企業側が彼らの待遇や条件をよくして手放さないようにしているともいえると思います。

40代はエンジニアをはじめとする技術系職種や専門職の方は求人も多く、転職しやすい状況ですが、総合職でゼネラリストを極めた方ほど苦戦している傾向にあります。

20代のポテンシャル採用にはどの企業も積極的で、引く手あまたの状態ですが、だからこそ、心から納得できる転職をしていただきたいと思うのです。

 

自身が心から「これだ」と思う仕事や企業を選んで欲しい


新卒の時の企業選びは会社の規模や待遇、ブランド力に拠ることが大きかったのではないでしょうか。採用されたものの、なんかフィットしない、しっくりこない気持ちがぼんやりあり、おそらく心中で「もっと自分が輝ける場所があるはずだ」と思うからこそ転職を考え始め、相談にお見えになったはずです。

ところが、残念なことに、今の会社よりも高い給与を提示されただけで仕事内容をしっかり吟味せずに転職を決めてしまう人が少なくありません。

転職を考えはじめた動機には与えられた仕事に馴染めないとか、自分がうちこめる仕事ではなかったという感覚が少なからずあったのではないでしょうか。ならば、転職をするなら、今度こそご自身が心から「これだ」と思う仕事や企業を選んで欲しいのです。

 

二社でも三社でも選択肢をしっかり吟味

 


納得感のない転職をした人は必ずまた転職を繰り返します。ご自身の適性がわかるには最低3年はかかると私は考えていますが、一度転職を考え始めると、「早く辞めたい」という気持ちが強くなるせいか、最初に内定が出た企業に急いで転職しようとする人もたくさんいます。そこでお伝えしたいのは、二社でも三社でも選択肢をしっかり吟味して、納得した転職活動にして欲しいということです。採用は不動産物件と違います。「すぐに来てくれ」と迫られて断ったら他の人を採用するということはまずありません。そもそも変わりは他にいると思われるような転職はしあわせな転職ではないからです。実際、「ぜひこの方にお越しいただきたい」と懇願される人材に対しては、半年くらいは待ってくれるものです。給与や待遇だけで安易に決めてしまうのではなく、自分が本当にやりたかったことは何か。その点にフォーカスして、悔いのない転職をしていただきたいと思います。納得感のない転職はつまらないジョブホッパーを生みがちです。

せっかくの転職という機会に自分の可能性を損なわないよう、じっくりと自分の本当にやりたい仕事に向き合うチャンスにして欲しいと切に願うばかりです。

この記事のトラックバックURL

https://k-agent.biz/blog/%e5%bf%83%e3%81%8b%e3%82%89%e7%b4%8d%e5%be%97%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%92%e3%80%82vol-45/trackback/

コメント

絆エージェントについて

新潟地域に特化した地域密着型、転職・就職情報紹介及び人材紹介会社です。
特定の分野に関する深い知識や経験、専門的な技術を持つ「スペシャリスト」人材の転職に強く、 新潟へのUIターンの転職希望をお持ちの優秀な人材の発掘を得意とします。

会社概要

新潟の転職について

ここ新潟にも素晴らしい事業法人がたくさんあり、都心に比べて人口が少ないことから転職者には有利です。また、新潟ならではの優良転職案件をはじめ、都心にはない魅力な転職が可能です。

求人情報はこちら