インタビュー

有限責任監査法人 トーマツの強みとはどんなものですか?
一言でいいますと大企業から中堅中小企業までバランスよく、様々なクライアントとお取り引きしている点がトーマツの強みです。

1968年に第1号の全国規模の監査法人として創業し、現在は日本全国に約40拠点、6,000名超を擁する組織となり、大都市圏だけでなく、全国の多種多様なお客様のニーズに応えられるようにしております。

会計監査業務やコンサルティング業務を通じて企業の成長に貢献し、ともに成長していきたいという想いが基本にあります。その成果と言う訳ではないですが、IPO支援件数ではここ数年、監査法人の中でNO.1となっております。
新潟エリアでトーマツが担う役割と得意分野とはなんでしょうか?
日本のビジネスを様々な角度から支える部隊を持つことが特徴です。

コンサルティング業務を行うメンバーを抱えている監査法人は、新潟ではトーマツだけです。また、税理士法人トーマツも新潟に拠点を構えていますので、連携してサービス提供できることも特徴です。
トーマツで働くみなさんが大切にしていることを教えてください
「Integriy」すなわち「誠実性」です。社会にも自分にもクライアントにも誠実であり、公正である。これがトーマツで働く全ての人の原点です。

これを土台に、プロフェッショナルとしてクライアントから選んでいただけるよう、人間力、専門力、コミュニケーション力を磨いていって欲しいと思います。
活躍している公認会計士はどんな風に仕事をしているか
プロフェッショナルとしての自覚と当事者意識を持ち業務に当たっています。必要なときはハードワークもしますし、その合間にも常に自己研鑽を続けています。また、「自ら考え、行動する」、この積み重ねが人を成長させ、クライアントの信頼を厚くするのだと思います。

自らの頭で考えた結果をチーム内で議論し、新たにチーム一丸となって見いだしたベクトルでサービス提供を行います。
公認会計士、コンサルタントに求める資質とはどんなものでしょうか?
共通して言えることは、この仕事を支えるのはビジネスパーソンとしての基本的なコミュニケーションスキルです。経営者は何が言いたいのか、何に困っているのかをインタビューを通じて引き出し、本質的な課題を捉える事ができるか。これが重要です。

当事者は意外と気が付かずにいることがその会社にとって本当の課題でより重要なことがよくあります。
プロとして、大企業の経営者と対等の立場で臆することなく、偉ぶることなくコミュニケーションすること。これが仕事の原点です。

要はプロとして役割を果たし、経営者から「あなたに相談すると悩みが見えてくる」と思ってもらえることですね。

当社の魅力・ポイントはココ!

<公認会計士>
公認会計士として活躍するフィールドは3つあります。上場企業の会計監査、IPO、中堅・中小企業の監査やコンサルティング業務です。いずれの仕事もクライアントにありがとうと感謝されるときが最大の喜びです。

一時しのぎの解決策を見つけるよりもあるべき方向性を見据え、苦しくとも正しいことをクライアントに伝えることが求められます。中長期の視点とバランス感覚が重要であり、定められたルールの中で企業にとってもステークホルダーから見ても、より正しい選択だったと評価をもらえる専門家になることが公認会計士としてのキャリアビジョンです。

<コンサルタント>
ツールとアプローチの違いはありますが、監査と変わりません。企業の成長に貢献することが最大の目標です。そのために経営者目線で物事を考えること。何のためにそれをやるのか、どれを選択するのか、経営者のビジネスパートナーとして具現化するお手伝いをすることです。

絆エージェントについて

新潟地域に特化した地域密着型、転職・就職情報紹介及び人材紹介会社です。
特定の分野に関する深い知識や経験、専門的な技術を持つ「スペシャリスト」人材の転職に強く、 新潟へのUIターンの転職希望をお持ちの優秀な人材の発掘を得意とします。

会社概要

新潟の転職について

ここ新潟にも素晴らしい事業法人がたくさんあり、都心に比べて人口が少ないことから転職者には有利です。また、新潟ならではの優良転職案件をはじめ、都心にはない魅力な転職が可能です。

求人情報はこちら

SSL GMOグローバルサインのサイトシール