• HOME
  •  › ブログ
2018.01.12

こんにちは。新潟絆エージェントの小川潤也です。

 

「ディスカヴァー・新潟」の兆候


「ディスカヴァー・新潟の兆し」というブログを書いた後で、面白い記事をみつけました。日本政府観光局「訪日外客数」、観光庁「訪日外国人消費動向調査」のインバウンド統計リポートよれば、2016年の一年間、外国人環境客が訪れた県ランキングのうち、新潟の対前年度の伸び率が137.5%の上昇で全国一位というものでした。

大阪、東京、京都などの人気の訪問先にはまだまだ及ばずとも、飛躍的な伸びに思わず、驚きの声をあげてしまいました。その理由として考えられるのはウラジオストクやハバロスクと新潟を結ぶ夏季限定のチャーター便の就航によりロシアからの観光客が増えたことらしいです。

この件とは直接関係ないのですが、最近またひとつ、特筆すべき「ディスカヴァー・新潟」の兆候を実感しています。今日はそのことについて述べます。

 

成長期のステージに入った企業の共通点


最近、開発・設計部門のチーフクラスをはじめとするマネジメント部門の求人が増えてきます。しかも欠員補充ではなく、増員を視野に入れた採用ニーズです。この動向は明らかにその企業が、成長期のステージに入ったことを意味する募集案件に他なりません。

それぞれ業界の異なる複数の企業から同時多発的に採用ニーズが増えているという状況ですが、興味深いことは、これらの企業にはある共通点があることです。

それはニッチともいえる特殊技術をひたすら愚直に守り抜いてきた優良企業であることです。

 

ものづくりの町、燕三条は刃物、鋳物、金物、洋食器などで地元住民にとっては馴染のある老舗企業の集結地帯ですが、その商品価値を世界が認め、世界市場で密かなブームになっているという現象が立て続けに起きています。

さらに別の地域では、完成車メーカーへ部品を納品している部品メーカー、その部品を研磨する工場機器を取り扱うメーカー、塗炭屋根の塗技術を得意とするメーカーなど。いずれも「キラリと光る技術力」を誇る企業ばかりなのです。

 

「知られざる優良企業」と「よりよい人材」を引き合わせること


最近、大手企業メーカーの不正や虚偽のニュースが続き、あたかも日本のものづくりを貶められたかのような報道さえありましたが、現在進行形の成長企業のものづくり現場においては、ただひたすらに愚直に品質を求め、企業努力をされてきたメーカーばかりです。派手なキャンペーンや広告をしていないので、確かに全国的な爆発ヒットのような認知度は高くありません。

しかし、私は「正直者が馬鹿を見る」世界は長く続かないという性善説論者であり、努力は報われるはずだし、そうした努力を続ける企業様は必ず、発見され、見直され、評価されるものと信じています。実際、何度もそのプロセスを目の当たりにしてきました。

私達はUIターンをご検討の方にこうした「知られざる優良企業」と「よりよい人材」を引き合わせることを通じ、紹介という間接的な貢献しかできませんが、何よりも存在意義を感じられる瞬間です。我々は一人でも多くの方に、こうした優良企業をお伝えするための、隠れたIRだと自負しています。

現在、UIターン転職をお考えの方でマネジメント経験をお持ちの方はこの機会にぜひ、ご相談ください。

 

2017.12.22

こんにちは。新潟絆エージェントの小川潤也です。

 

新規事業に進出した世界的なエクセレントカンパニー


先回、「新潟をITベンチャーの発祥地に」を掲げ、快進撃を続けている株式会社フラーのエピソードを書きました。

社長である渋谷修太さんの勢いに感化され、先日第四銀行が主催する経営者クラブによるアメリカシリコンバレー視察ツアーに参加してきました。

今日は現地で見たこと、聞いたことを書き残しておきたいと思います。

サンフランシスコから約一時間位、車を走らせると、名だたるIT企業の社屋が集結している地帯に着きます。集結といっても隣の会社に行くにも車がないと行き来できない距離感はあります。さながら北海道の富良野あたりの光景を想像していただくとイメージに近いかもしれません。この土壌がなぜ、日系の新興企業をはじめ、新規事業に進出した世界的なエクセレントカンパニーを生むのか。その秘訣をこの目で確かめたいと思いました。

GoogleやFacebookの社屋もあり、サンフランシスコと郊外をつなぐシャトルバスが行きかっていました。ここ数年、日本では職場と自宅の近隣化の傾向が目立っていましたが、シャトルバスの終着点をみる限り、決して家から近いという訳ではなさそうです。

 

これからの日本、ひいては地方都市では見習いたいモデル


興味深かったのはIT企業が集まる地帯の延長線にスタンフォード大学が位置していることでした。才能豊かで創造力に富む人材を輩出している名門校です。

抜けるような青空と豊かな自然に囲まれた広大な敷地内を、生徒たちは自転車で移動します。

清々しい青空をみながら、「ハーバードかスタンフォードか悩んだ末、決め手になったのはスタンフォードのほうが快晴の多いことかな」と、スタンフォード出身の知人が笑って話してくれたことを思い出しました。こと、日照時間の少ないことで有名な新潟や北陸地方者にとって天候が気分を左右することは経験上、実感しています。

適度に脳を休ませることが仕事の生産性をあげるということでマインドフルネスが注目されましたが、意識的にマインドセットしなくともあの青空をみているだけで頭から余計な雑念から解放されるようなリフレッシュ感を味わえました。

教室や構内のテラスではPCを広げながら学生同士が活発な議論をかわす光景も見受けられました。そういえば、四六時中スマホを眺めている人がほとんどいなかったことも驚きでした。

中国、インドの留学生をたくさん見かけましたが、残念ながら滞在中に日本の留学生にお目にかかる機会は得られませんでした。自分自身、スタンフォードを志望するという選択肢などゆめゆめ思いつかなかったクチですが、自分の娘の世代ではスタンフォードを目標にする選択肢も十分に考えられる時代になってきています。

実際にこんな環境で勉強できたらおそらく日本には帰ってこないだろうな、とついそんなことをとぼんやり考えてしまったほどです。

先に挙げたIT企業ではこうした学生たちに対して在学中からアルバイトやインターンなどを通じて門戸を開いており、地続きでつながっている印象がありました。(物理的には車で移動しなければならない距離とはいえ)

いっせいに新卒採用を行う日本の採用システムはここ、シリコンバレーにはありません。それぞれがオファーしたりアプライしたり、自分が居心地がよいと感じた場所に自然の成り行きで就職していく。そのフラットさはとても羨ましいと思いましたし、これからの日本、ひいては地方都市では見習いたいモデルだとも強く感じました。

少子高齢化とも無縁で、右肩上がりの成長を約束する、未来志向の明るさや勢いが感じられるシリコンバレーの環境。

 

自分の地域から始められることを模索し、発信していきたい


残念なことに新潟の現状はそれとは対照的で、大学進学時に学生のほとんどが他県に流出してしまう有様です。UIターンで呼び戻すことは現状でさえ難しく、学生の数が減少の一途を辿る近い将来、行き詰まることは想像に難しくありません。

彼らのように学生時代から自分が就職したいと思える会社と地元でつながることができたなら。町ぐるみで学生を職業人として育成できる基盤を用意できたなら。新潟の状況も少しは変わるのではないか。そんなことを考えました。マイナス要因が多いことを嘆いてばかりいてもはじまりません。

長岡市がいまそのロールモデルになりつつありますが、単に応援者として傍観しているだけでなく、自分の地域から始められることを模索し、発信していきたいと強く感じさせてくれた意義のある視察でした。

2017.11.02

こんにちは。新潟絆エージェントの小川潤也です。

 

日々進化しつづけるものづくりの精神


先回、Iターン転職希望者が内定後の年収提示で「年収がさがること」を理由に転職を断念してしまうケースが多いことを書きました。

では翻って都心と比べ年収格差が否めない新潟でひとつの会社に長く勤め続ける人が少なくないことをどう捉えたらいいのでしょうか。生活コストの安さだけではなく、給与格差にも勝る魅力がなければ、みんな都心部へ出て行ってしまうはずです。ぼんやりとそんなことを考えながら、長岡に在籍する企業の特徴を思い浮かべながら、ふとこんなことに思い至りました。ひょっとしたらこれは働き手の満足度や仕事のやりがいに関係があるのではないか、と。

長岡は製造業がさかんで数多くの優良企業が存在します。特徴的なのはいわゆる完成品メーカーではなく、部品や部品を作る、いわゆる産業用機械をつくる企業が非常に多いということです。産業用機械のある特定部分を担う機械メーカーであったり、自動車部品メーカーであったり。なかには10000分の一ミリを研磨する特殊技術を有している企業もあるほどです。産業構造が変われば、一変しかねない環境下においてもこれほど長い間需要があるのは日々進化しつづけるものづくりの精神が脈々と受け継がれてきた証だといえるでしょう。

 

名前も知られることのない目立たない部品こそが日本の基幹産業を支えている。


2004年、長岡の部品工場が中越沖地震で大きな被害を受けたために、トヨタや日産といった大手完成車メーカーの工場ラインがストップしてしまったことを覚えていますか。

「これは大変だ」と、日本を代表する自動車メーカーの社員の方々が長岡に駆けつけ、急ピッチで復旧作業にあたった甲斐あって、約10日後には製造ラインが再稼働できたと伝え聞いています。

名前も知られることのない目立たない部品こそが日本の基幹産業を支えている。

あの中越沖地震は人々にその事実を知らしめることになりました。

技術者の多くはこうしたプライドと信念を持ってものづくりに従事していることは想像に難しくありません。

思い起こせば、長岡城は戊辰戦争時代に没落してしまいましたが、その背景には幕府を支えるためという大義に忠誠を尽くした長岡の人々の姿が浮かび上がってきます。

こじつけかもしれませんが、目立たないけれども縁の下の力持ちとしての責務を全うする姿は代々脈々と続く県民性なのではないか。そう思わずにいられません。

 

「技術は人が創る」ことを物語っている


そんなものづくりの土地、長岡から最近、うれしいニュースが続いています。

長岡工業高等専門学校出身の渋谷修太氏率いる株式会社フラーがスマートフォン分析アプリの開発により世界を競合に大躍進を続けていることは皆さんもご存知でしょう。

渋谷氏は「新潟をITベンチャーの発祥の地にしたい」という目標を掲げ、2017年1月に新潟市内に拠点を新設し、起業家育成のイノベーション創出に活動を推進しています。私自身も長岡が育んだ新時代のロールモデルとして大いに期待を寄せています。

先日渋谷氏に直接会って話をした際、彼らが見ているビジョンの大きさに感心していると、「人材紹介サービスもワンクリックでサービスが完結しないとだめじゃないですか」と問われてしまいました。

飛躍的な技術革新により「仲介」という仕事すらもスマホのアプリにとってかわられる時代がくる日もそう遠くはないのでしょう。それはつまり、私の仕事がなくなる可能性を意味しますが、実は私はそれほど悲観してはいません。

なぜなら、情報価値の提供は人が担うべきことだからです。スマホの分析アプリ開発技術を底支えしているのも人にほかなりません。AIが代替わりしてくれる仕事もあるでしょうが、そのAIを使うのも所詮、人です。

渋谷氏自身の夢が「世界一ヒトを惹きつける会社を創ること」であるのは、まさに「技術は人が創る」ことを物語っていることのように思えます。

私にとっての夢は何かと聞かれれば、それは間違いなく、渋谷氏のようなイノベーティブな技術者を新潟の優良企業につなぐことで、世の中に貢献したい。その思いに尽きます。

いわば、縁の下の力持ち気質は私のなかにも息づいているようです。

2017.10.20

こんにちは。新潟絆エージェントの小川潤也です。先回、Iターン希望者が増えていると書きました。今回はそのきっかけについて最近感じていることを書いてみたいと思います。

 

Iターン希望者で新潟で働きたいという方が増えている


地方創生は喫緊の課題と言われながら、こと新潟においては「これは!」という成功事例やインバウンドの商機を上手に活用した話もなかなか聞かれない。私は過去に、そのことをこのブログで何度か嘆いてきました。

ところがここ最近、新潟出身ではないにもかかわらず、新潟に興味を持ち、新潟で働きたいという方が増えていることを実感する機会が増えているのです。

その背景をたずねると、各地で行われているイベントがきっかけという方が少なくありません。

村上トライアスロン、フジロック、長岡花火大会、アートセレブレーションをはじめとする継続的な大型イベントの定着がことのほか大きな影響力を持っていることに驚かされます。毎年、動員数も増え、認知度もあがり、リピーターも毎年増えているようです。

すでに観光地として定着していた佐渡も近年は海外からのお客様のほうが多いと聞きます。

また玄人好みの「新潟発見」なかなか興味深いものがあります。村上春樹さんの装丁画で有名な故安西水丸さんの著書『ちいさな城下町』には村上市が登場します。マラソンに参加する村上さんに連れだって新潟を訪れた安西さんが「春樹さんと苗字が同じよしみで」という理由でふらりと降り立った村上市に魅了されてしまうくだりがなんとも微笑ましいのですが、それがご縁で〆張鶴を愛飲されるようになり、やがては年に一度発売される〆張鶴梅酒のデザインも手がけられたそうです。

 

素晴らしい変化の兆し


みなさんは「村上市には3つの『さけ』がある」という言葉を聞いたことがありませんか。「酒」、と「鮭」はいわずもがな。最後のひとつは「情け(なさけ)」だといわれています。

この情けの現れ方は、お世辞にもホスピタリティーに溢れるわかりやすいものとは違い、むしろ武骨でそっけないくらいだと私は常々感じています。

満面の笑顔で「ようこそ」という華やかさはありませんが、寒い日には熱いお茶が、暑い日には冷たいお茶が素朴な菓子といっしょに無言でさしだされるような、さりげない情けのように思います。そんなさりげなさが安西さんを魅了したのかもしれません。

また「潮風とカモメに会える」が売りの笹川流れも人気です。私も毎年夏休みに子どもと一緒にこの笹川流れを楽しみにしています。澄み切った青い空と碧い海。そして海の向こうに浮か粟島のコントラストが実に美しい場所です。日本海の荒波で浸食された奇岩も趣深く、おすすめのスポットです。

イベント目的で現地を訪れ、観光するうちに新潟を好きになる。好きになるだけでなく、さらにそこで暮らしてみよう、働いてみようという動機につながるということ。

ここに、大きなポテンシャルを感ぜずにいられません。その上、転職相談という行動にうつしてくださっている。素晴らしい変化の兆しです。

 

受け入れる側の企業もまた意識改革を求められている


ところが残念なことに先回のべたように、都市部の給与水準と地方の給与水準のギャップがネックとなり、最後の最後で「新潟で働く」という選択を諦めてしまうのです。

毎年1万人ずつ人口が減少しているといわれている新潟県にとって、町おこしの活動を結実させるためにも、あとひとふんばり、何とかしたいところです。

求職者の意識変化を求めるだけでなく、せっかく「新潟を発見し」移住まで考えはじめる働き手をもっと優遇する制度ができないものか。受け入れる側の企業もまた意識改革を求められていることは間違いないようです。

2017.10.10

こんにちは。新潟絆エージェントの小川潤也です。久しぶりのブログの更新となってしまいました。実はこの夏はふたつの挑戦をしていました。ひとつはトライアスロン初参加に向けてのトレーニング。結果はスイムで途中リタイヤしてしまうという不完全燃焼のデビュー戦になってしまいました。最後方から再スタートさせてもらい、バイク、ランは完走したのですが……。それでも来年は完走したいという新たな挑戦心を強くすることができ、参加して本当によかったと思っています。

もうひとつの挑戦は初めての著作の執筆をしておりました。こちらはなんとか書ききることができ、10月5日に『継がない子、残したい親のM&A戦略』(幻冬舎)として無事発売にこぎつけることができました。本の内容は人材紹介ではなく、もうひとつ手がけている、M&A仲介についてです。これから地方都市で後継者のいない企業はどうするかについて、事業承継型のM&Aの取り組み方を解説してます。ご興味のある方はこちらからどうぞ、

https://www.amazon.co.jp/dp/4344913647

今回、手前味噌な話からはじめたのは理由があります。ふたつの挑戦を通じて「時間の使い方」を以前にも増して重要に考えるようになったからです。

 

「もっと自分らしく生きたい」という本心


最近、Iターン求職者の相談を受けることが増えているのですが、内定後の給与提示の段階で結果的に断念されるケースが少なくありません。ご本人の意思を尊重したいのでアドバイスはしますが、無理に説得するようなことはしません。とはいえ、どこかでちょっともったいないな、と思う気持ちがあるのは事実です。

Uターン希望者の場合、転職動機はさまざまでも、最終的に「生まれ育った新潟で働く」ことがなによりの後押しになりますが、Iターン転職者の多くは何かしらの縁ができたというささいなきっかけからはじまることが多いようです。(このきっかけについては次回で詳しく述べるつもりです。

よくよく聞けば、その動機のほとんどが都心部での働き方や人間関係に疑問を抱き、これからの人生設計を考えた時に「もっとゆとりのある生活をしたい」「もっと自分らしく生きたい」という本心であることが多いのです。

しかし年収がさがることを理由に、内定までこぎつけながらも、結局いままで通りの生活に戻ることを選択する。

気持ちのどこかで不本意だと思いながら、60歳、65歳まで都心で働いた後で地方転職を考えればいいかと自身を納得させる傾向にあるようです。

 

キャリア設計をより生産的にするための活動時間


そこで、あえて言いたいのです。たとえば、いまいま年収が100万円さがったとしても、そのお金を時間に換算したらどうでしょうか。いいかえれば、自分への投資時間に還元できると考えるなら、100万円以上の何かを手にいれることになる、とは考えられないでしょうか。

長寿大国の我が国において、これからは100年スパンで人生設計が求められると言われています。話題の著書、『LIFE SHIFT 100年時代の人生設計』(リンダ・クラットン著)では「ずっと同じ会社で働こうとする」「すべてを仕事に捧げる」「休日をレクリエーション(娯楽)にあてる」生き方はしてはいけないと説かれています。

休日はレクリエーションではなく、リ・クリエーションつまり、今後のキャリア設計をより生産的にするための活動時間にすべきだということです。今年の夏、私が経験したふたつの経験は私のこれからの生き方に新たな気づきをもたらしました。こじつけのようかもしれませんが、もし仮にいま年収100万円給与が下がったとしても。その代わりに手に入れた「ゆとり」で一体なにができるか。何を手に入れられるか、と考えてみてはどうでしょうか。

 

30~40代で自ら転機を切り拓くのではその後の人生に大きな差ができるのは歴然


満員電車に揺られて疲弊する通勤時間が車で移動に変わることで短縮され、そのうえ快適な時間に変わります。英会話の取得時間にあてることも可能です。

都心で分譲マンションを購入する費用があれば、新潟では一戸建ての持家購入も夢ではありません。しかも海と山に囲まれた新潟はお米だけでなく、地産地消のおいしい食材に恵まれています。都心のスーパーに並ぶ食材よりもはるかに鮮度がよくて安価です。共働き世帯にとってはそこで得られる余裕はお金に換えがたい、余りあるものがあるのではないでしょうか。

なによりも、自分を見つめ直す時間ができます。セカンドキャリア、パラレルキャリアといわれる時代に自分の引き出しを増やすなら60歳で受動的に転機をむかえるのと、30~40代で自ら転機を切り拓くのではその後の人生に大きな差ができるのは歴然ではないでしょうか。

年収100万円ダウンを理由に目の前の現実に甘んじるか。そのお金で時間を買うと考え、体力も気力もあるうちに行動するか。そんな尺度で一度、考えてみることはきっと無駄ではないはずです。

1 / 912345... ›|

絆エージェントについて

新潟地域に特化した地域密着型、転職・就職情報紹介及び人材紹介会社です。
特定の分野に関する深い知識や経験、専門的な技術を持つ「スペシャリスト」人材の転職に強く、 新潟へのUIターンの転職希望をお持ちの優秀な人材の発掘を得意とします。

会社概要

新潟の転職について

ここ新潟にも素晴らしい事業法人がたくさんあり、都心に比べて人口が少ないことから転職者には有利です。また、新潟ならではの優良転職案件をはじめ、都心にはない魅力な転職が可能です。

求人情報はこちら

SSL GMOグローバルサインのサイトシール