新潟転職ブログ

新潟県動向 職探し

新潟県でUターン転職、受かる志望動機例!

Uターン転職でもっとも重要なポイントは、選考面接で話す志望動機。 企業側からすれば、「なぜわざわざ新潟へ?」という疑問が生じますから、十分に納得できるような理由を述べなければなりません。 Uターンの動機をうまく説明しないと、思わぬ部分で減点評価を受けてしまう可能性もあります。 今回の記事では、新潟県へのUターン転職を考える求職者向けに、志望動機のポイントを解説します。

新潟県でUターン転職、受かる志望動機例!

目次

◆志望動機の注意点

まずは、Uターン転職における、志望動機の注意点を説明しましょう。

仕事内容に関係ない理由ばかりなのはNG

Uターン転職やIターン転職では、「都会に疲れたので地元に帰りたい」「物価の安い地域でワークライフバランスを整えてゆっくり働きたい」など、仕事じたいには直接関係ない事情が動機の場合もあるでしょう。

しかし、プライベートな部分だけが目立つ志望動機を面接で語るのは、おすすめできません。

 

あまり独りよがりな志望理由を面接で話すと、悪印象を与えてしまうからです。

 

選考にあたる企業としては、あくまで「優秀で長く働ける人を採用したい!」という思いが当然ありますから、個人的な事情より、その会社での活躍がイメージできるような前向きな志望動機を伝えましょう。

新潟県でUターン転職、受かる志望動機例!

◆志望動機で意識すべきポイントは?

それでは、具体的にどんな志望動機であれば、企業から好印象なのか。それには3つのポイントがあります。

ポイント①キャリアビジョンとの一致を表現する

 

「転職先の地域のその会社で働くことが、自分自身のキャリアビジョンと一致している」という内容は、面接官によい印象を与えます。

 

その点は、Uターン転職であっても通常の転職活動と同様です。自分の経験やそこから生まれた価値観や目指す方向性が、志望企業の向く方向と一致していることを、熱意をもってアピールしましょう。

 

応募者自身が目指す方向と志望企業が求める人材像がマッチしていると採用担当者に感じてもらえば、内定をもらえる確率はアップします。

ポイント②長く働けることを伝える

 

特にUターン転職・Iターン転職で、「その地方で長く働いていく意思を持っている」というアピールが重要です。

 

UターンやIターン転職志望者は、地元企業側として県内の応募者と比べれば「外から来る人」という意識が働くために、自然とハンディを背負ってしまいますから、「このエリアでずっと働きたい!」という意欲を伝えて、その警戒心をほぐしましょう。

ポイント③その地域の魅力を語る

 

首都圏などの他地域から新潟にUターンするのであれば、「いちど他エリアを経験して、あらためて地元の魅力を痛感した」と話すのもひとつの手です。

 

お世辞を述べる必要はありませんが、「他エリアに住んだからこそ見える新潟のよさ」を志望動機と結びつけて伝えると、面接官の心に響くかもしれません。

地域に強い転職エージェントに相談するのも一案

Uターン就職の場合は、地元に強い転職エージェントサービスに相談するのもおすすめです。

 

地元のエージェントであれば月給や勤務地、年間休日や交通費など、福利厚生について豊富な知識を持っており、転職者が求人募集内容を判断するうえで有益なサポートをしてくれます。

 

都心部から地方への転職では給与は下がるケースが多いので、地域の物価をふまえてどれだけ年収ダウンを妥協すべきかの相談にも乗ってもらえるので、安心ですね。

 

さらに大きなフォローとしては、地域の特性や志望企業の事情をよく理解した担当者に、面接対策をしてもらえること。

 

地方都市のエージェント会社は、そのエリアの紹介先企業と密な関係を構築しており、どんな受け答えをすれば採用されやすいかをよく理解しているケースが多いのです。

 

新潟へのUターン転職の場合、土地の事情に詳しいエージェントは心強いパートナーになるでしょう。

新潟県でUターン転職、受かる志望動機例!

まとめ

Uターン転職の面接であっても基本的には通常の転職活動と同じで、筋の通った志望動機で自分のやる気を企業に伝えることが大切です。

 

応募先の企業に魅力を感じた理由をよく振り返り、面接担当者にアピールしましょう。

一覧へ戻る