新潟転職ブログ

職探し

新潟転職のメリットを紹介! Iターン・Uターン転職者があとを絶たない理由

近年、地方都市へのIターン・Uターン転職は増えつづけていますが、新潟県が移住先として隠れた人気を集めていることご存じでしょうか? 今回の記事では、新潟に転職するメリットを解説しましょう。

新潟転職のメリットを紹介! Iターン・Uターン転職者があとを絶たない理由

目次

新潟の転職市場は?

まずは、新潟県内の転職事情についてのデータを見てみましょう。

新潟は、転職しやすい環境が整っている!

新潟労働局の調べによると、令和3年(2021年)6月度の有効求人倍率は1.35倍。

つまり「100人の求職者に対して135人分の求人数がある状態」となりますが、全国平均の有効求人倍率は1.13倍なので、新潟は現在かなりの人手不足といえます。

これは転職者の立場からいえば、仕事が豊富で非常に内定が出やすい状況にあるといえます。

この求人の豊富さは、新潟に転職する大きなメリットといえるでしょう。

新潟の平均年収は?

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」を参照すると、新潟県の平均年収は418.7万円。

全国の平均年収は451.2万円という点から考えれば、新潟県の平均年収はやや低く、各都道府県の平均年収順では新潟県は31番目に位置します。

ただし、新潟には全国トップシェアを取るような会社をはじめ地元の名門企業が多く、大手企業の支社が人材を募集しているケースもあります。

平均月給が低いといっても、努力とスキルしだいで東京に見劣りしない待遇が得られる場合もあるのです。

ちなみに新潟エリアの求人は、およそ半数が都市部である新潟市と長岡市に集中しています。

職場がへき地になることを条件に年収が高くもらえる求人もあるので、希望条件に合わせて情報を確認してみましょう。

新潟県で多い求人は?

新潟県で多いのは、機械設備などの技術職、営業職、事務系の管理部門職といった職種の求人です。

県内に多くの大規模メーカーが存在し、大手企業の生産設備だけでなく地元の会社も大きな工場を持っている場合があり、製造業界に関連するスタッフの需要が高くなっているのです。

大きな工場を抱える大企業であれば、未経験での入社は厳しいですが、採用されれば安心の高年収が得られるかもしれません。

新潟転職のメリットを紹介! Iターン・Uターン転職者があとを絶たない理由

新潟に転職する3つのメリット!

ここで、転職先として新潟を選ぶ具体的なメリットを解説しましょう。

メリット①転職が成功しやすい!

先ほども紹介したとおり、新潟県の有効求人倍率は高く、人手不足が深刻。

2020年の国勢調査で人口が戦後最小を記録するだけ人口減少が続いており、今後も働き手が足りない状況は続くでしょう。

そんな状況下での新潟転職活動では、選考は非常に進みやすいかもしれません。

メリット②通勤が便利!

新潟市内には、JRの電車網やバス網が張り巡らされています。

新潟はコンパクトなまちなので、駅やバス停から徒歩すぐの場所に住むことが可能。

実際、多くの移住者が通勤の便利さを実感しているようです。

さらに、東京と比べれば人口密度が格段に低いので、通勤ラッシュとも無縁。

車通勤の場合は、完全に自分のペースで通勤できますから、いずれにせよ通勤のストレスが少ないのです。

メリット③物価が安くて暮らしやすい!

新潟県は全国平均と比べてもかなり物価が安く、必要な生活費が安く済むのは大きな魅力です。

くわえて、新潟は不動産価格と家賃も安く、賃貸マンション・アパートの賃料は、東京23区と比べてなんと半分程度の水準。

これだけ差があると、もしも収入が下がったとしても東京より新潟に住むほうが、生活水準は高いという状況も十分に考えられます。

実質的に収入アップの可能性が大きいので、豊かな暮らしを送れそうですね。

新潟転職のメリットを紹介! Iターン・Uターン転職者があとを絶たない理由

まとめ

新潟で働くことに興味が湧いたけど、土地勘がなくてどうすればいいかわからないという場合は、地域に強い転職エージェント会社を利用するのがおすすめ。

プロのキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれますし、職務経歴書の書き方指導や添削、面接対策のアドバイスといった転職サポートもしてくれます。

転職サイトなどのWebには出ていない非公開求人も、提供してくれるかもしれません。

新潟の企業は地域密着型である傾向が強く、地元に強いエージェントのサービスは大きな助けになるでしょう。

一覧へ戻る